2004年12月2日 -からりと明るいセクハラ-
心配がひとつ、減りました。

前にもちらと触れたけど、オープンスペースに書けることは、書きたいことの一部に過ぎません。でもオープンでなければ得られないなにかがあるのも、また事実。どちらが正しいということではなく、常にどうするということでもなく、時にリターンを重視することもあれば、リスクヘッジ優先で考えることもある、そういう話です。
日記のリメイクは、個人的にリスクがありました。その代わり、リターンを得る可能性もありました。

読んでくれた人、今も読んでくれている人、本当にありがとう。書いて良かった。すべてはそこから。
ほとんど共同プロジェクト(?)として毎回、昔話をしてくれるLibさんには、もちろんもっと大きなありがとうを。
そして静かにお読みくださってる方、お気が向かれましたら、どうぞお気軽にツッコミでも昔話でもお願いします。SS探して該当日にクローズアップするよ! 

さて、いつまで待てばカオスになるん? とイライラしつつお待ちの方、残念ですが今日も特になにもありません。もう、それはそれでいいんじゃね? 平和って大事よ? Love & Peace!!!

期待(があるかどうかはともかく)には応えたいんだけど、なかなかイベントの日までいかないんだよ。それに、私は日常も大切だったんです。長い目で生温かくニラニラしといてくれ。

ということで12/2。

この日はね・・・インしたらね・・・
c0074259_1821140.jpg
酒場にいたのさ。

普通じゃん? とか言うな。確かにそういうことよくしてたけど、この前日はちゃんと家に帰って落ちたんだ。カンティーナで「またねー」つって帰ったんだよ!
なのに翌日inしたらそこはカンティーナ。・・・はて?

要するに、巻き戻ったわけです。なにこの懐かしい言葉の響き。その昔、UOでしょっちゅう聞いたね!
でもSWGではあんまりなかった記憶。少なくともcβ開始からここまではなかった気がする。だからこそ、この日の日記にそのことが書かれてるんじゃないのかな。

以下引用。

>昨日、Raruさんとわたしは、このベスティンのカンティーナで、
>
>「おやすみー」「また明日ね~」
>
>と言い合って別れました。
>各自、自宅へ戻り、そこで眠りについたのです。
>
>が、しかし。
>次の日、目覚めてみたらばなぜかカンティーナにいました。
>
(略)
>
>ここで1日が始まると、何となくずっとうだうだと踊り明かしてしまい、
>外の天気や時間すら知らないまま終わってしまいがち。
>ここにいると、昼なのか夜なのかもわからないのです。
>いくらダンサーだといえ、酒場で暮らしている状態というのは人としてどうなんだ。
>わたしの生活は、どんどん荒んでいっているような気がしてなりません。

巻き戻りの件はともかくとして、もうなんか、カンティーナが家みたいな感じだったんだよ、当時。
毎日毎日、よく飽きもせず踊ってたもんだと思うとこもあるものの、当時はとにかくそれが楽しかったんです。まぁ、今また同じことできる世界があれば、私はやっぱり毎日踊ってるような気がするけどね。

というわけで、
c0074259_19222072.jpg
踊ってるとだな、妙なこと見つけたりもすんの。
なにって、
c0074259_19223879.jpg
コレ。
なんで「死体」?  生きてるよ? 
これ、当時、誰かが答えをくれた気がするんだけど、見事に忘れました。なんでだったの!? 誰か教えてPlz

さて、場所は変わらなくとも話は変わる。これ以降はクリック必須な大きい画像です。変わったエキサイトの仕様には慣れてください。 

数時間後、再度カンティーナに来たら誰もおらず、さすがにエンタは1人だとつまらないので、誰か来ないかなと入り口の椅子に腰掛けて待っていたらちょっとずつ人が来始め、ついでに、
c0074259_19281033.jpg
セクハラしに来て、その目的のセクハラができねえと拗ね、
c0074259_19281773.jpg
別のセクハラをしていくJigくん。この手の光景は当時、限りなく日常で、それ故、逆に日記に書くほど意識してなかったかもしれない。

その直後、一気に人が増えてきて、じゃあ私も交ぜてもらうかなーと立ったら、
c0074259_19332566.jpg
挨拶代わりに/kissしてく人がいたり。これも割と会うたびの光景でした。こんな人、多くてねえ。それもそのうち更に増えていくという。
おまえらみんなイタリア人か! やらないと逆に失礼だとか思ってやしないか! などといちいち思ってたわけではないけど、今ならツッコミ入れるかもしれない。

そして、
c0074259_19363240.jpg
催眠術でCβ終了後の話としてシティに勧誘されたり。
でも今考えると、この時って同じ街に住んでたような気もする。私は家によく帰ってたわけじゃないので確証はないけど、後々思うに、あのシティにはこのPAタグついてた人たくさんいた気がするんだよね。

その後のカンティーナ。
c0074259_141668.jpg

c0074259_1411816.jpg
なにってわけでもない日常。

その中で、
c0074259_1165891.jpg

c0074259_1161544.jpg
やっぱりセクハラ三昧。
SS見返してる範囲では、いつも私の反応はありません。我ながらつまんねー奴だな! 
「セクハラです!」とかその時々で言ってたように思うけど残ってないっぽい。 

私は自分に向けて出されたemoteや投げられた会話をまず撮ろうとしてたので、残ってるSSも当然そういうものが多くなるんだけど、Jigが周りの女性キャラに/hugやら/kissやらしょっちゅうしてたことは周知の事実だったでしょ? 日々底抜けに軽く明るいテンションでemote出しまくってた、というのが私の印象です。
少し前のコメ欄での会話でもちょっと触れたことだけど、Libさんのダンスイベント宣伝マクロのついでに「セクハラ大王Jigをよろしく!」とか仕込まれたドロイドがベス駅前で喋ってた、なんてことが、だからあったりもしたわけで。
まー、あの陽気なセクハラは、場も和んで良かったんじゃない? あの手のことは全然憎まれず許されるキャラと、なぜか嫌悪感を持たれるキャラと、人によって結構、明確に分かれるものなんだけど、Jigは前者だったと思うなあ。タトゥイーンの乾いた風より湿気のない感じだったよ。
逆に、Libさんはそういうことするキャラじゃなかったので、その分2人のカラーが明確に分かれてて、いいバランスだったようにも思います。
後々、私がシャッターチャンスを逃さなくなるに従って、他のセクハラ現場やみかんパンチの瞬間なども多々撮れるようになっていくんだよ。もちろん、別の人のセクハラ場面もたくさんね! 

最後は深夜のカンティーナ。
c0074259_1424690.jpg
この場はこれしか撮ってなかったっぽい。
結局、毎日ここにいて、そしてここで終わることに変わりはないのな。

ごめんね! 日常の話ばっかすぎるよね! すまんね!
もうちょっとだけ待って、あともうちょっと。

で、みんな新生14やんの?
[PR]
by luna_swg | 2013-03-02 06:20 | SWG -JP cβ Remake-
<< 麗しのナイスポーズ ~緊張緩む後編~ 麗しのナイスポーズ >>