タイトル画像変更 --2013年12月1週目--
こんばんは、Lunaでございます。
まったく早いもので、もう12月です。師走ですよ奥さん。
年寄りの1年は本気であっという間です。冗談じゃないんですよ?

プレイにかまけていて毎日いつも眠いのがデフォだと、扉絵の元になるSSを撮る暇とか、あれ使えるかな、どういう加工をしようか、そういうことを仕事中にのんびり考える余裕なんかがなくなってしまい、今回の扉絵を撮ったのは昨日ですよ昨日。加工したのはついさっきですよ?

こんなどうでもいいことにこだわる人はたぶんそういないと思うので、きっと誰も共感してくれないだろうけど、予告した上で他者を交えた時の撮影は、楽しいものであると共に、ものすごく神経を消耗するものでもあるのです。
私は常に撮る側なのでそっちの視点しかないのですが、参加してくださった方々は反比例するように、テンションが上がるようです。いろんな別ゲでも何度か経験がありますが、大体そう。
それ自体はありがたいことなんですよ。いつもお世話になっている皆に、楽しみの呼び水の役が出来たのであれば、それは嬉しい。

けど、私は盛大に燃え尽きるのです。
他人様にお願いしたのだから、撮ってはみたもののアングルがイマイチだったんでボツにしましたというわけにはいかないからです。絶対に使えるものを撮り、結果を出さねばならない。撮り直しは効かないのです。

いや、物理的には可能だよ? 
でもね、皆のテンションというものは、初回1発じゃないと駄目。空気というものは、必ずそこに表れます。
だから確実に1度で、自分の中にある合格ラインを、ぎりぎりでいいから超えるものを撮らねばなりません。ベースが良くなければ、弄ったところでゴミにしかならんのさ。

これを戦闘好きの人にわかりやすく言うなら、全員初見で必ずクリアしなければならないカルンとかオーラムとか真ガルとか、そーいうのだ。ID名は自分の苦手なもんを入れろ。
戦うのは好きだし戦闘は割と得意な方だと思ってるけどあれを初見クリアは辛いわー・・・ってやつ。

まぁ、それらと、皆の都合もあるだろうから短時間で済まさなければというプレッシャーとで、瞬間的にものすごく集中して気合を入れて撮るので、終わったらもう、私にはなにも残っていません。出涸らしの茶ーみたいなもんに成り下がるのです。生ける屍だ

事実、あの後かなり時間が経過するまで、私はほとんど無言でした。
リムサの街の隅の方でぼんやりと調理をしていたものの、いつもは8割方出来る、とあるHQ品が、あまりにも抜け殻で5割切る確率になってしまい、諦めて脳死で出来る低レベルの中間素材を作ることに切り替えたくらいです。

いえ、楽しいんですよ?
扉絵は撮るのも作るのも、出来上がってスキンに組み込むのも、そして公開するのも、とても楽しい。唯一ゲーム外のことをフリーダムに書けるカテゴリでもありますしね。

ほら、戦闘好きな人はピーキーな戦いが好きでしょ? ぎりぎりで勝ったりするの好きでしょ?
それと同じです。疲れるけど楽しい。楽しいけど疲れる。そういうの。
私は扉絵で戦うのです。いつも、1人で。
敵は己の中にいる。いやむしろ、自分の中にしか存在しない。

前にも書きましたが、人間関係が希薄であることがベースのMMOで、放っておけば数か月後には既に忘れてしまうであろうある日の一瞬を、一枚の絵としてそこに、その時の空気ごと閉じ込めて残したい、その思いを叶えるために私が取れる、たったひとつの手段です。

「扉絵を撮りたいので、週末にちょっと時間ください。」

本当はもっと言いたい。もっと残しておきたい。
けれど、3人以上くらいの規模になってくると、実際に言い出すのは、せいぜい数ヶ月に一度くらいです。一緒にMMOをプレイしたことのある方、どうですか? 頻繁に私が言い出したこと、ありますか?

ないはずです。

複数人が出てくる扉絵は数あれど、大抵が偶然の産物。前もって計画してということになると、たぶん今まで数回しかありません。本当に本当にプレッシャーで消耗するんです。
でもたまに、せずにはいられなくなる。

いつ誰が欠けてしまうかわからないから、MMOはそういうものだから、自分だって明日ぱったり冷めるかもしれない、だから、今しないと後悔するんじゃないかという怖さが上がってくる時があって、そういうタイミングで言い出したりするのかもしれません。

その時その時で協力してくださる友人方、ありがとう。
こんなくだらない自己満足に付き合ってくれる仲間がいて、私は幸せです。

c0074259_1052750.jpg
クルザスの片隅で。
向かって左から、あまみん、Kenさん、Gon、Silkさん、自分、やすおたん、Enma。

誰が誰か顔見えねーじゃん。
服はクリスマスカラーにしろつったくせに、これじゃあんまし色わかんないじゃん。

いろいろ仰りたいことはあると思うのですが、

加工する側の腕とか時間制限とかいうもんもあってだな

12月分を12月に入ってから撮るとかいう暴挙に出たツケです。
クリスマスイブ直前になったら、まぁ大体恒例ですが、期間限定扉絵に変更するので、個々の顔はその時に心ゆくまでガン見してください。

お付き合いくださった方々、どうもありがとうございました。

はー、久々に、これぞ書き散らし垂れ流しという長文を好きに書いたね! 満足じゃ!

だがしかし、私はまだ死んでいる。
[PR]
by luna_swg | 2013-12-02 22:39 | Title Image
<< クォーリーの壁 楽しい遠足 >>